絶景

【20代女子必見】何度でも行きたい おすすめ 海外旅行先 3選

2022年11月6日

本ページはプロモーションが含まれている可能性があります。

エネルギー溢れる20代女子として、観光・グルメ・ショッピングは旅行においてどれも譲れない条件ですよね。

そんな条件全てが揃う場所があるのであれば何度でも行きたい!!

20カ国以上旅行した私が実際に行った中で、全部満たせるおすすめ海外旅行先を紹介したいと思います。

ホイアン(ベトナム)

ベトナム中部の都市で、旧市街全体が世界遺産として登録されているまさに観光したい街です。

一年中夏でリゾート地ダナンからすぐ近いこともあり、冬にバカンスで来る西洋人も多いリゾート地でもあります。

そしてとにかく物価が安いのも魅力のひとつです。

飛行機で直行便(ダナン空港)だと約5時間半かかるので、3泊4日以上の旅行で行くのがおすすめです。

歴史を感じる街を観光しながらもゆっくりとした時間を過ごしてリラックスしたい方にはおすすめの街です!

私はあまりに好きすぎて今までに3回も行っています!

個人的には女子旅でおすすめする行き先ナンバーワンです!


おすすめ理由①:街並み全てが見どころ

旧市街全体が世界遺産であるため、歴史ある昔ながらの街並みが維持されています。

この大きすぎず小さすぎない適度な広さの街並みの中を歩いていると、不思議とリラックスした気分になれます。

そして、歩き続けるといろいろな個人経営のこぢんまりとしたカフェやレストランが見つかるので、そこで自分のお気に入りを見つけてゆっくりとした時間を過ごすのがおすすめです。

おすすめ理由②:雑貨がかわいくて買い物が楽しい

旅行に行くと、ついついその土地のものを買いたくなるのが女性なのではないでしょうか。

ベトナムの人はとても手先が器用で、様々な工芸品がお手頃な値段で売られています。

私は特に刺繍の入ったカバンやポーチなどが大好きで買ってしまいます。

おすすめ理由③:夜のランタンの景色がとにかく美しい

ホイアンは夜になると、街中のいたるところに飾られている様々な色のランタンが灯り、それはそれは幻想的な景色を演出してくれます。

昼間もインスタ映えしますが、夜はインスタ映え間違いなし!

しかし、カメラを構えるばかりではなく、自身の目に焼き付けて、リラックスした時間を過ごすのがおすすめです。


ホイアンに行くたくめには

日本からホイアンに行くために最も近い空港はダナン空港です。

乗り継ぎで行くのが最も安く、燃油サーチャージ込みで5万円から行けます!

2024年からは直行便(ダナン空港)もあるので、時間重視の方にも手が届きやすくなりました。

Trip.com には価格アラート機能があるので、一番安い時に航空券を購入するのにオススメです。


バンコク(タイ)

バンコクはタイの首都であり、赤道近くの常夏の都市です。

日本人駐在者も多く、親日的な国でもあります。

何回も行っているおすすめの旅行先です!


おすすめ理由①:買い物天国

プチプラで安い商品を売る青空市場から、高級ブランド品を売るデパートまで、様々な客層に適したショッピング施設がそろっています。

しかも、それらすべてが電車で数駅の距離に集結しているのが魅力であり、疲れることなくとても効率的に周ることができます

高級ブランド品は免税で安く購入することができ、市場では安い雑貨や洋服があふれていて、とにかく安くものを買えるのです

私がプチプラ買い物施設としておすすめするのは圧倒的にMBK(マーボンクローン)です

MBKにはとてつもなく多いお店の数があり、何でもそろっていて、とにかく安いです!

バンコクを通っているスカイトレインと地下鉄の両方からアクセスすることが可能で便利な立地にあります。

プチプラグッズを求めているならまずはココに行ってみてください!

私はここに来るとよくお土産用面白Tシャツを見に行きます。

歩きすぎて疲れたら、Dairy Queenというアイスのチェーン店でクッキー&クリームアイスを食べながら休憩します。


デパートでのショッピングをしたいのであれば、Siam駅周辺にあるCentral Worldです。

Central Worldはとにかく大きいため、いろいろなお店があり、好みのお店が見つかる可能性も高いです。

また、歩ける範囲内に更にSiam CenterCentral Chidlomなどの別のショッピングモールがあるので、ショッピングをするためにはとても効率的な場所です。

おすすめ理由②:食事が美味しい

タイ料理はもちろんのこと、様々な料理を提供する屋台・レストラン・フードコートが多くあり、食事に困ることは一切ありません! 

青空屋台の激安B級グルメから、清潔でエアコンが効いたデパートのレストランまで、気分や好みで食事ランクを選べるのがおすすめポイントです。

青空屋台としておすすめなのは、チャトチャック市場です。

日曜日しかやっていませんが、とても有名な市場で、多くのストリートフードが並んでいるのでぜひ立ち寄ってみてください

一方、デパートだったらCentral Chid Lomのフードコートをおすすめします。

特に複数人数で行く場合はフードコートを選ぶことによって、それぞれが食べたいものを自由に食べることができるので、「タイ料理を食べたい」という人も「もうタイ料理飽きたから西洋料理が食べたい」という人も両方ニーズを満たせます。

こちらのフードコートでは、最初にフードコート内で使えるカードをもらい、そのカードを各店で提示することによって食べ物を購入することができます。

最後にそのカードをレジで全部見せて清算できるシステムなので、以下のメリットがあります:

  • 1人1カードなので、割り勘などの計算をする必要がない
  • 最後に一括で清算するので、いちいち財布を出す必要がない

おすすめする理由③:サービスが素晴らしい

タイ人の方々は、とにかく穏やかで礼儀正しいです。

声を荒げてしつこくつきまとうことはないため、干渉されない時間を過ごすことができます。

必ず「サワティカ~」(こんにちは)とあいさつし、帰り際には「コップクンカ~」(ありがとう)と言いましょう。


バンコクに行くためには

日本からバンコクに行く直行便があり、約6時間半かかります。

6時間半と聞くと長く感じるかもしれませんが、深夜便を利用すれば寝てる時間で現地に到着するので、時間の節約ができます!

私はタイ国際航空とエアアジアを利用したことがありますが、お金に余裕があるのであれば、サービスが素晴らしいタイ国際航空をおすすめします。

(エアアジアはスーツケースを失くされた記憶があり、あまりいい思い出がないのです・・・)

Trip.com では飛行機もホテルも両方予約できるので、おすすめです!


マドリード(スペイン)

マドリードはヨーロッパ西部にあるスペインの首都であり、有名なサッカーチームのホームタウンでもあります。

日本から直行便で16時間ととても遠いですが、スペインは歴史が長く魅力あふれる国なのでぜひ人生で一度は行ってみてほしいです。

私は前スペインに旅行した時は、1週間まるまるマドリードに滞在しました。


おすすめする理由①:食べ物が安くておいしい!

生ハム、シイタケのオリーブオイルとガーリック焼き、イカリングサンドイッチ、チュロス

とにかくおいしいものだらけです!

前菜という意味でもあるタパスは色々なつまみのような小皿料理の盛り合わせで、ちょっとずつ食べられるのが最高なんです。

わたしのような食を旅行のメインとしている人からしたら絶好の場所です。

スペインでは立ちながら食事をするのと座って食事するのとでは値段が異なるため、多くの人がバー・パブで立っておしゃべりしながらタパスをつまみ、次から次へとお店を梯子します。

私は混んでいて立ち席しかないとき以外は、テーブル席を利用して食べるときは足を休ませる時間として使っていました。

おすすめの料理屋さんはMeson del Champinonで、キノコ料理を提供しているお店です。

おつまみとして提供されるので、比較的少量でいろいろな種類の料理を食べられるのが魅力です。

マドリードにあるキノコ料理が有名なバーレストランMeson del Champinon

おすすめ理由②:アウトレットでブランド物を安く買える

やはりヨーロッパのブランドはどうしても日本で購入すると割高になってしまいますが、本場ヨーロッパで買えば割安なうえに免税でお買い物することができます。

スペインのブランドといえばLOEWE、ZARA、Desigual、MANGO、Camper、TOUSなど有名ブランド揃いなので、買い物は楽しいに決まっています!

アウトレットに行けば更に割安で買う事ができて、コスパ最高です!

私が行ったアウトレットはLas Rozas Villageです。

そこでTOUSのスカーフやキーホルダーなどのアクセサリーや、そこで初めて知ったブランドのダウンコートとブーツなども買いました。

行くとついつい買い物しすぎてしまいますが、それこそが旅行の醍醐味です!


マドリードへ行くためには

日本からマドリードへの直行便は残念ながらありませんが、多くの乗継便の組み合わせがあるので、自分の予算と予定に合わせて予約しやすいでしょう。

航空券もホテルも両方予約できて、かつ各地のコロナによる渡航制限がまとめてあるTrip.comで予約することをおすすめします。

詳しくはこちらの記事も読んでみてください!

こちらもCHECK

【海外旅行】スペイン・マドリードの基本情報とおすすめ観光地紹介

続きを見る


まとめ

私を含める多くの女性が何度でも行きたいと思う旅行先の条件を3つまとめてみました。

  • 値段が高くない
  • できることがいっぱいある
  • ご飯が美味しい

この3つの条件を全て満たす場所というのが、ホイアン、バンコク、マドリードの3カ所だと私は思います。

何度も訪問することによって行きつけの旅行先を作って、人脈を広げ、よりディープな旅をしてみましょう!

こちらもCHECK

【ハノイ女子旅】外せない旧市街ショッピングのモデルプラン3つ紹介!

続きを見る

こちらもCHECK

【エアーズロック旅行】レンタカーで行こう!値段、借り方、周り方まで紹介

続きを見る


-絶景