旅コツ

【20代女子旅】 コスパ抜群 ハノイ旅行 必要な情報 まとめ

2022年10月17日

本ページはプロモーションが含まれている可能性があります。

「お金はなくても海外旅行はしたい!」「安くて美味しくて楽しい場所に行きたい!」

そんな20代女子にはベトナムのハノイを強くお勧めします。

ベトナムに10年間住んでいたみーこが、ハノイ旅行がおすすめな人、そしてハノイ旅行を予約する時に必要な基本情報を紹介します。

この記事を読んで、コスパよくショッピングと食べ歩きができるハノイ旅行に行っちゃいましょう!

こちらもCHECK

【ベトナム・ハノイ旅行】ガイドブックに載ってない!?ハノイに来たら行くべき、するべき、まとめ

続きを見る

こちらもCHECK

【徹底調査】ハノイ女子旅で雑貨・洋服ショッピングできるお店9選

続きを見る


ベトナムの首都ハノイの基本情報

ハノイ(Hà Nội)はベトナム北部に位置する、ベトナムの首都です。

首都ではありますが、ハノイは政治と文化の都市と呼ばれている一方で、経済が最も発展しているのはベトナム南部のホーチミン(サイゴン)です。

格好良く例えると、ハノイはアメリカでいう首都のワシントンDCで、ホーチミンはアメリカでいう経済の中心ニューヨークです。


ハノイ旅行がおすすめな人

コスパよく旅行したい人

ベトナムは日本よりも物価が安く、食費・交通費・滞在費全てが日本で過ごすよりも安くすることができます。

2023年の円安時代のレート(100円=約16,500ドン)を使って値段を変換しても、以下のように色々安いんです

  • 飛行機代(LCC): 3万5,000円から
  • ベトナムフォー1杯: 約300円(5万ドン)
  • タクシー初乗り: 50円から(8,000ドンから)

お得感を味わいたい人にはぜひおすすめです!

アクティブに色々見たい人

Suyeon KimによるPixabayからの画像

ハノイは政治と文化の都市と言われているだけあって、多くの歴史をかんじられるスポットがあるからです。

ベトナムの街並みは日本とは異なるので、街を歩いているだけでも観光になるでしょう。

更に、ハノイからバスで数時間のところにはハロン湾と呼ばれる世界自然遺産もあり、まさに観光にうってつけの場所です。

安全に海外旅行がしたい人

どの海外都市にもあるような多少のひったくりやぼったくりはありますが、犯罪はとても少ないです。

しかも、かわいい雑貨が多くてしかも安いので、女性が大好きなショッピングも楽しめます!

女性グループだけで街中を歩いていても安全なので、ハノイは女子旅にぜひおすすめしたい場所です。


ハノイの主要な見どころ

ハノイにはたくさんの見どころがありますが、その中でも絶対に外せない見どころを3つ紹介します!

昔ながらの旧市街

小さい個人商店がうじゃうじゃとひしめき合う旧市街。

お店の敷地から歩道に溢れ出るように商品が並べられていて、買い物好きにとってはたまらない場所です!

キッチン用品、洋服、カバン、文房具、食料品、シルク製品、おもちゃなど様々なジャンルのものが揃っています。

それら商品は昔ながらの風習で、旧市街にある各通りではその通り名となっている商品を売っています。

個人的に女子旅におすすめなのは、手芸通りです。

様々な糸、レース、ボタン、生地などが売られていて、見ているだけでもワクワクしちゃいます。(筆者はとてつもなく不器用ですが、ついつい買ってしまいます)

女子旅ならではの買い物スポットを知りたい方はぜひこちらも参考にしてください:

こちらもCHECK

【ハノイ女子旅】外せない旧市街ショッピングのモデルプラン3つ紹介!

続きを見る

日本では見られない街並み

ハノイの街並みは、日本とはまるで違います。

バイクだらけの道路、360度から聞こえるバイクのホーン、模様にしかなっていない横断歩道、縦長の家が隙間なく並んでいる、そんな街並み。

日本人からしたら非日常であっても、ハノイの人たちにとってはこれが日常です。

そんな他国の日常をぜひ街並みを通して味わってみてほしいです。

伝統技術が詰まったカラフル雑貨

ベトナムの人はとても手先が器用であるため、多くのハンドメイド雑貨が売られています

とてもカラフルで可愛らしく、そして何よりもハンドメイドとは思えない安さ!

少数民族の文化を取り入れた作品もあり、個性的なデザインもあります。

ついつい行くたびに何か買ってしまいます。

買い物が大好きな人には特におすすめです。

こちらもCHECK

【徹底調査】ハノイ女子旅で雑貨・洋服ショッピングできるお店9選

続きを見る

おすすめの旅行時期

基本的にいつ行っても問題はありませんが、個人的なおすすめは11月に行くことです!

なぜなら雨季でもなく、涼しいからです。

一方、12月〜1月は日本ほどは寒くならないものの、暖房設備が整ってないので体感温度は日本くらい寒いです。

それ以外の2月〜10月は真夏でとにかく暑く、40℃近くまで気温は上がるでしょう。

ベトナムの典型的気候を味わうことができます!

総合的にはどの時期に行っても十分に観光はできると思いますが、みなさんの気温の好み次第です!


おすすめな旅行期間

3泊4日あれば主要な観光地は周ることができます。

世界遺産ハロン湾にも立ち寄る場合は、4泊5日がおすすめです。

しかし、ハノイは長くいればいるほど新しい発見もあるので、私はできるだけ長くいることをおすすめします

物価も日本より安いため、長期滞在がしやすい都市です。

こちらもCHECK

【ハノイ女子旅】外せない旧市街ショッピングのモデルプラン3つ紹介!

続きを見る


ハノイへの行き方

東京からは飛行機直行便で約5-6時間かかります。

全ての曜日に飛行機が運航しているので、自分の都合と合わせて旅行を計画することができます。

ハノイまで運行している航空会社(2023年6月現在)

  • 日本航空(JAL)
  • 全日空(ANA)
  • ベトナム航空
  • ベトジェットエア
  • バンブーエアウェイズ

ベトジェットエアとバンブーエアウェイズはLCCであるため、特に安く旅行をすることができます。

先程trip.comで調べたところ、航空券の最安値は燃油サーチャージ込みで往復3万5,000円でした。

海外旅行の航空券をこんなに安くゲットできるなんて魅力的です!

以下にリンクを貼ってみたのでぜひ今の航空券価格を調べてみてください。


ハノイでの交通手段

空港から市内までの移動手段

ハノイの国際空港であるノイバイ空港に着いたら、タクシーでホテルまで行くのが楽でしょう。

ベトナムのタクシーは日本よりもはるかに安く、初乗りは6千VND (40円ほど)からあります。

仮にハノイの中心地(旧市街)まで40分かけてタクシーで行っても、約50万ドン(3,000円ほど)で行けるでしょう。

バスもありますが、タクシーのほうが目的地の目の前で降ろしてくれる上に早く着くことができるので、貴重な旅行時間を有意義に使うことができます。

ずーっと荷物から目を離してはならないと気を張りながらバスに乗るのも疲れるので、私は断然タクシーをおすすめします。

【KKday】では、2000円台から空港〜ハノイ市内の送迎を用意しています。

事前に予約することによって、荷物検査を出たところでKKdayのロゴが入ったプラカードを持って待っていてくれるので、安心!

事前予約をすることによって、ぼったくりに引っ掛かることなくかなり安全なので、ぜひ利用してみてください!


市内での移動手段

公共交通機関としては、バスとタクシーがあります。

バスはとても安いですが、個人的にはタクシーをおすすめします。

なぜなら、タクシーも十分に安いからです!

バスでの行き方を調べる時間があったら、タクシーを呼んで直接目的地に行った方が旅行を楽しめると思います。

特に複数人で旅行する場合はタクシーがより割安になっていくのでおすすめです。

さらに、Grabというタクシーアプリが特に便利です!

Uberのように、乗車地と行き先を入力したら事前に料金が決まり、ぼったくられる心配がありません

運転手さんにつたないベトナム語で行き先を伝えることなく、正確に行きたいところに行けます

さらには、現金ではなくカード決済が可能なので、両替する金額・手間も減って素晴らしいですね。

移動中も観光したい人にはホップオン・ホップオフバス

最近はホップオン・ホップオフバスという好きに乗り降りできる2段バスが格安で利用できます

2段バスのため見晴らしがよく、移動中も観光気分でいることができます。

1045円から、4時間〜48時間の乗り放題プランがあります。

事前予約可能なので、以下リンクからぜひご検討ください。


ハノイでおすすめの宿泊エリア

ハノイ旅行の目的に応じて泊るべき場所を紹介します。

初めてのハノイ旅行は旧市街がおすすめ

初めてのハノイ旅行であれば、ハノイの中心地である旧市街周辺に泊るべきでしょう。

中心地には様々な歴史的建造物や買い物スポットがあるので観光がしやすいです。

もし寝に帰るだけのためのホテルであれば、Ma May通りのホテル・ホステルもおすすめします。

Ma May通りは旧市街にあり、バックパッカー通りとして有名で、外国人が泊ることに慣れている安いホテル・ホステルがいっぱいあるからです。

ただ、旧市街はとても店・人が多く密集していてうるさいこともあるので、静かな時間を過ごしたいのであればもう少し外れのほうを選んだほうがいいでしょう。(ハノイは基本的に静かなところはそんなにないと思って行ったほうがいいでしょう。)

また、市場の臭い(特に干し物の臭い)が苦手な方は、市場の近くのホテルは避けたほうがいいでしょう。

Trip.comで調べたところ、旧市街らへんのホテルは一泊約三千円から泊まることができます。

ぜひ自分の好みに合うホテルを探してみてください!

のんびりリラックス旅行ならXuan Dieu

一方、もう少しのんびりとしたハノイ旅行を過ごしたいのであれば、Xuan Dieu通りらへんがおすすめです。

ここはベトナムに住んでいる外国人が多く住んでいる地域であり、多くの外国人受けがいいお店・レストランがそろっています。

5つ星ホテルであるシェラトンやインターコンチネンタルホテルなども近くにあるので、観光もしたいけど優雅でゆったりとした時間も過ごしたい人にはXuan Dieu地域もおすすめです。

湖に接している地域なので、湖沿いの通りで散歩・サイクリングするのも楽しいです。

注意

中心地と言われている旧市街からはタクシーで30分ほどかかるので、いわゆるハノイ観光をしたい人にはあまりお勧めできません。


まとめ

ハノイ旅行がおすすめな人と、旅行を計画するための基本情報をこの記事ではまとめました。

次の記事では、ハノイの見所を紹介したいと思います!

他にもハノイ以外の旅行先を検討している方は、欲張り女子におすすめする海外旅行先記事をご覧ください!

こちらもCHECK

【20代女子必見】何度でも行きたい おすすめ 海外旅行先 3選

続きを見る

こちらもCHECK

【徹底調査】ハノイ女子旅で雑貨・洋服ショッピングできるお店9選

続きを見る


-旅コツ
-,